日本タイ学会トップページ

  • 2017年度研究大会開催

     2017年7月8日(土)と9日(日)に法政大学市ヶ谷キャンパス・ボアソナードタワーで、第19回日本タイ学会研究大会を開催しました。

     プログラムと報告要旨は以下のリンクをクリックするとpdfファイルをダウンロードできます。今年の研究大会では、2日目(7月9日)の午後に、『地図がつくったタイ:国民国家誕生の歴史』の著者であるトンチャイ・ウィニッチャクーン(ウィスコンシン大学名誉教授/アジア経済研究所上席主任調査研究院)による”Recent History of Politics and Recent Politics of History”と題する基調講演をしていただきました。

    【研究大会プログラム】
    A4の紙1枚に印刷できる字の小さなバージョン
    A4の紙2枚に印刷する字の大きなバージョン

    【報告要旨】
    報告要旨

     今年度の研究大会に合わせて開催された理事会及び会員総会において、来年度の研究大会は、2018年7月7日(土)&8日(日)に、大阪大学で開催することが決定しました。

  • 定例研究会開催

     2017年11月11日(土)に法政大学市ヶ谷キャンパスで第22回日本タイ学会定例研究会を開催します。
     現在、報告者を募集中です。関東圏以外からの大学院生の報告者には、交通費を支給します。報告を希望される方は、jimuแอทthaigakkai.orgにメールでお問い合わせください(メールを送る場合は、แอทを@に置き換えてください)。
     「定例研究会」は、2016年度まで「若手研究会」として開催してきましたが、2017年度からは「定例研究会」と名称を変更して開催することになりました。

  • 『年報 タイ研究』第17号発行

    『年報 タイ研究』第17号は2017年7月に発行されました。7月8〜9日に開催された研究大会で受け取られなかった会員には郵送します。また近日中に、このウェブサイト上でも掲載された全論文を読むことができるようにします。
    ここ〕をクリックすると、第15号までの『年報 タイ研究』に掲載された論文を閲覧できます。